« ベティスデビュー | トップページ | ティラーノにて −イタリア- ( 鉄道、列車 ) »

2018年8月18日 (土)

旧利賀村、上百瀬分校跡

平成30年8月上旬、富山県の廃村探索、
1番目の目標 旧利賀村水無に向かう道は大きく分けて2つある。
ひとつは利賀川本流沿いの県道(34号 利賀河合線)をさかのぼるルートで、
最寄り集落 奥大勘場から8?ほどだが、昨年11月、ゲートに阻まれて行けず終いになった。
その後の調べで、このゲートは通年閉じていることがわかった。
もう一つが百瀬川沿いの市道上百瀬水無線(百瀬川林道)で峰越えをするルートで、
こちらは最寄り集落 上百瀬から18?あるが、積雪期を除き道は通じているらしい。
今回初めて足を運んだ上百瀬でも分校跡校舎が見当たったので、クルマを停めて小休止した。
利賀小学校上百瀬分校はへき地等級3級、児童数47名(S.34)、昭和末頃休校(詳細不明)、平成8年閉校。
上百瀬でもオロロの襲撃があって、落ち着いたひとときを過ごすことはできなかった。
 画像1: まずまずの戸数がある上百瀬集落
 画像2: 建設会社が再利用されているらしい上百瀬分校跡の校舎
  (2018年 8月5日(日)12時40分頃)

« ベティスデビュー | トップページ | ティラーノにて −イタリア- ( 鉄道、列車 ) »