« だから 何故? | トップページ | 南の国へ »

2018年1月17日 (水)

第181場(1)浜松のレンタカーの中

第181場浜松のレンタカーの中
(つくもとハルが用事を済ませて戻って来ている)
やくざえもん:じゃ、これからの概要な。
武尊をうちのプロダクションにスカウトしたいって話を持ちかける。
それの証明として、俺と九十九が話を持ちかけに行く。
んで、法定代理人の話と、縁を切らせる話で書類書かせる。手切れ金付きでな。
つくも:俺は何をすればいいんですか?
やくざえもん:早口の英語で、適当にしゃべってくれりゃーいい。
相手が英語わかるとは思えねぇから、俺が通訳する。
話したい内容はお前に任せる。
後は俺に合わせてくれりゃいい。
日本語で喋る時はカタコトな。
ピリリピリリ
やくざえもん:お、着いたか。
そのコンビニの駐車場に黒のバンが乗ってるから、それに乗ってこい。
ガラッ
弁護士:浜松まで呼び出しとは急ですね。
約束の金額は払って貰えるんですよね?
やくざえもん:それは、俺じゃなくてこいつが払う。
つくも:遠くまで御足労頂いてすみません。
これ約束の30万と交通費です。
弁護士:じゃ、確認させてもらいます。
ん、35万ね。了解。任せて。
やくざえもん:じゃ、三文芝居の幕開けと行きますか。
つくも、家出少年の家の電話番号貸せ。
つくも:はい。
(やくざえもん、電話をかける)
やくざえもん:あ、もしもし、進藤武尊さんのお宅ですか?私、株式会社1518の社長をしております津田と申します。
この度、武尊くんをスカウトさせて頂きたくご連絡させて頂きました。
いい話は逃げやすいと言いますので、できるだけ早めのご面会は可能ですしょうか?
はい、相応の謝礼はさせて頂きますので。
本日の今からですか?ありがたいです。
ちょっと浜松まで来ているもので。
はい、では30分後くらいに伺います。
では一旦失礼しますさせて頂きます。
ピッ
ハル:。
つくも:。
やくざえもん:どした?2人して黙り込んで。
つくも:いや、津田さんもすごく丁寧な話し方されるんだなって。
やくざえもん:俺をなんだと思ってるんだ。
一応色んな企業の社長だぞ?
相応の話し方くらいはできるに決まってるだろ?
ハル:そうですね。
やくざえもん:まだ納得行かねぇ顔してるが、今は家出少年の話だ。
ミジンコ、便箋は買ってきたな?
ハル:はい、一応、便箋もA4封筒もすぐに封ができるやつにしました。
やくざえもん:ミジンコ脳だとそうなるか。
封は敢えてしねぇんだ。現ナマをチラつかせるためにな。
つくも、とりあえず便箋の封筒に10万入れろ。それから、A4封筒に300万と200万に分けて入れろ。
つくも:わかりました。
やくざえもん:じゃ、行きますか。
ハル:まだ20分前ですよ?
やくざえもん:いぃんだよ。
その方がぜひとも早く!って思わせられるだろ。
(武尊の家)
やくざえもん:突然伺ってすみません。
どうしても早急に話を進めたくて。
改めて、私、株式会社1518の社長の津田と申します。こちらは所属モデルの九十九です。日本語は話せませんが、理解はできますので。
父親:別にいーけど。
武尊のスカウトって芸能界?
女:マー君1518知らないの?
テレビとかでよく名前出てるプロダクションだよ?
父親:ふーん、その証拠あんの?
やくざえもん:携帯で1518と検索して頂いて、所属モデルの九十九のページから、主な仕事という写真を見て頂ければ。
(父親と女、スマホで調べる)
女:あ!この時計の写真、デパートで見たことある!本人なんだね!
父親:で、スカウトって?
やくざえもん:偶然街で武尊君を見かけまして、彼には才能があると思ったので、うちで預からせて貰えないかと。
父親:芸能界デビューとかあるの?
やくざえもん:現時点では未知ですが、将来の可能性としては。
父親:芸能人って儲かるんだろ?
やくざえもん:残念ながら有名になれるのは、砂の中の砂金を探す程度です。
でもうちでのレッスンを受ければ、少しは可能性が上がります。
父親:それで金取ろうってわけ?
やくざえもん:いえ、レッスン費用は武尊くんの場合、こちらで負担させて頂きます。
ただ、寮生活になるので、自宅を出て頂くことになりますが。
父親:それは全然構わねーけど。
女:むしろ大歓迎。
やくざえもん:それで、彼が18になったら少しずつ仕事をしてもらうつもりです。
彼を預からせて頂くとなると、彼の性格からして親に仕送りをしたいと言い出すと思いますので、その分の金額をご用意させて頂きました。
うちの最低給与の13万かける12月、それに成人するまでの2年分として300万程度なので、こちらに300万ご用意させて頂きました。
九十九。
つくも:300万デス。
女:マジで?!
父親:でもよ!
もし武尊がデビューして売れたら、もっと金になるんじゃねーの?!
やくざえもん:それは先程も申しましたが、可能性はごく僅かなもので。
うちは2年で仕事が取れるようになるか判断するので、もし売れなかった場合は、レッスン費用や寮での生活費などを納めて貰うことになります。
武尊君は未成年なので、親御さんに負担してもらうことになりますが。
父親:金返せってことか?この金も?
やくざえもん:そうですね、全額とは言いませんが、半分以上はご返金願います。
父親:売れなくても関わらなくて済む方法あんの?
やくざえもん:今後彼との縁を切って頂けるなら。
父親:売れたらもっと儲かるんだろ?
やくざえもん:彼の過去を断ち切って頂かないと売れる可能性は低いかと。
ちょっと調べさせて頂いたんですが、2回児童相談所に送られてますよね?
その過去は隠したいので、縁は断ち切って頂きたいです。武尊君に甘えが出ない意味でも。
父親:それは。
(女、小声で)
女:売れたら直接週刊誌とかにリークすればいいじゃん!今は金貰っとこ!
やくざえもん:武尊君と出会った当時の様子として家出中の様でしたが、警察に届けた方がよろしいですか?

« だから 何故? | トップページ | 南の国へ »